Sami Elu(サミエル)さん 割り箸ピアノ演奏と多治見市役所駅北庁舎4階の竜の壁画を見てきました

多治見市役所 四季のコンサートが2017年12/8(金)12:15~45にありました。 四季のコンサート詳細やチラシは過去記事にて 今回は、割り箸ピアノ奏者 Sami Elu(サミエル)さんが出演でした。 サミエルさんが独自で設計・製作した楽器、割り箸ピアノの演奏会でした。 割り箸ピアノのメインの音は、ピアノ音ではなく、ハープのような音でした。 最初にオリジナル曲を演奏→クリスマスソングを数曲演奏→会場のみなさんと「上を向いて歩こう」を合唱して終了しました。 割り箸ピアノ奏者 Sami Elu(サミエル) 割りばしピアノは、演奏方法も独特でした。 左手は鍵盤でベース音を弾き、右手はピックのようなものを持ち(先端は割り箸のよう)メロディー音を弦はじいて演奏、左足でバズドラムを、右足でスネアとシンバル・鈴を鳴らしていました。 鍵盤の先の部分が割り箸になっているようです。 土台等は廃材が使われているようでした。 エレクトーンのようにメロディーと伴奏、リズムが一気に弾ける珍しい木製楽器でしたので、演奏後は楽器の周りに人だかりができました。 現在、Sami Elu(サミエル)さんは、新しい楽器作りの為にクラウンドファンディングで資金を募っているそうです。 詳細はこちら→ http://samielu.com それから、コンサートの前には市長の挨拶が少しありました。 駅南の開発の話と、会場に来ていた多治見市在住の画家・陶壁家の木全靖陛(きまたやすのり)さんの紹介がありました。 この人は、多治見市役所駅北庁舎4階の竜のタイル壁画を制作した方です。 駅北庁舎に行かれる方は、竜の壁画も見て帰って下さい。 多治見市役所駅北庁舎4階の竜のタイル壁画 あと、駅北庁舎は地下駐車場は、30分毎に210円ですが、四季のコンサート終了後には、駐車券を後方受付で渡すと60分無料にしてくれていました。今度行くときは地下駐車場を利用しようと思いました。 大竹ママの最新のブログ記事はこちら http://blogs.ohtakemama.com/?page_id=5 →キャンドルナイト2017 in 地球村(多治見市)は12/9(土)です By 大竹ママ http://ohtakemama.com/

多治見市役所 四季のコンサートは12/8(金)12:15~45 割り箸ピアノ奏者 Sami Elu(サミエル)さん出演!

2017.12.8 PM18:00追記 Sami Elu(サミエル)さんの割り箸ピアノの演奏と多治見市役所駅北庁舎4階の竜の壁画を見てきました ********************************************** 四季のコンサートとは、市民の皆さんに親しみを持っていただける場所となるよう多治見市役所職員さん達の有志で結成された実行委員会がおこなっている活動です。駅北庁舎の2階ロビーで年4回お昼休み中の12:15~45の30分間にミニコンサートを開催しています。 今回は初の外国人アーティストSami Elu(サミエル)さん。 サミエルさん独自の設計、製作によって生まれた楽器(割り箸ピアノ)の演奏を楽しめますよ。 四季のコンサート 日時 12月8日(金曜日)午後12時15分から12時45分 場所 多治見市役所駅北庁舎 2階ロビー 参加料金 無料 出演者 Sami Elu(サミエル)さん 独自の設計、製作によって生まれた木製弦楽器〈割り箸ピアノ〉を巧みに演奏する、割り箸ピアノアーティスト。 アメリカの名門Berklee音楽大学で作曲を専攻し、卒業後2006年に来日。 2012年頃からピアニストとしての活動のなか、「ピアノをより様々な奏法で演奏したい」といった思いを持ち、自作の木製弦楽器〈割り箸ピアノ〉の製作とストリートでの演奏を開始。 ストリートは年間200本近い数の演奏を続ける。 世界中からストリートミュージシャンを集めて開催する「Merlion Music Festival2016」でシンガポールへの招聘、インターナショナルスクールで子供達に楽器作りのワークショップを行うなど多方面で活躍している。 【割り箸ピアノとは】 右手で弦をはじき、左手で鍵盤を弾き、左足でバズドラムを、右足でスネアとシンバル・鈴を全て生演奏でプレイすること。 四季のコンサート詳細・最新情報は↓多治見市役所HPにてご確認下さい。 http://www.city.tajimi.lg.jp/kosodate/bunka/season.html 大竹ママの最新のブログ記事はこちら http://blogs.ohtakemama.com/?page_id=5 By 大竹ママ http://ohtakemama.com/